早漏の男性に朗報かゆみ止めにそうろう改善効果

早漏の男性に効果がある医薬品はたくさんありますが、それを愛用している早漏男性もいるでしょう。もしその製品が切れたようなことがあったときに、代用して使える医薬品があります。それはかゆみ止めです。かゆみ止めに配合されている鎮静剤や消炎剤が男性器に対する刺激を和らげてくれる効果があります。主にかゆみ止めは、クリーム上の製品が多いですので、男性器に塗りやすくなるでしょう。

そうろうに悩む男性の男性器で亀頭を中心に塗り込みます。とくにそうろうの男性は亀頭が弱いですので、亀頭全体に塗ると良いでしょう。数分そのまま放置しておきます。そうすると亀頭への刺激が鈍くなるのが感じるでしょう。そうするとそうろうの男性は、男性器についたクリームを洗い落とすようにしてください。そのまま女性器に挿入すると、女性器も刺激を受けにくくなる可能性があり、女性の不感症に繋がります。本末転倒になりますので、気を付けてください。

また性行為の最中はほかのプレーをすることもあるでしょう。特に男性器を口に含むようなときは注意が必要です。かゆみ止めの苦みだけではなく、女性器の挿入と同じように感覚が麻痺することがあります。また内服する医薬品ではありませんので、口に入らないような配慮が求められます。

早漏改善方法になりますが、これらの方法は女性に発覚されにくくするというのは非常に困難を極めます。男性が早漏であることを女性側が知っているのであれば、このような行動は問題なく、理解されながらすることができますが、早漏の発覚を恐れるあまり、隠し通しながらできる改善方法ではありません。その点デメリットがある改善方法になるでしょう。また本来はこのような使い方をしないことも考慮しておきましょう。